上記の可能性

上記の可能性

上記の可能性を他の男を気に入っているからと言って
放棄してしまっていては勿体ないです。

 

難しく考える必要はありません。 モテたいのであれば、友達としてでも繋がっていればいいのです。
あなたの目的は女の子と付き合う事なので、 その目的さえ忘れなければ必ず目的地までたどり着けます。
この事をしっかりと胸に刻んで置いてくださいね。 この事を知っているかどうかで結果はずいぶんと違います。

 

人と違うこをする。

 

突然で すが、あなた初対面突然で すが、あなた初対面突然で すが、あなた初対面突然で すが、あなた初対面突然で すが、あなた初対面突然で すが、あなた初対面「付き合い た「付き合い た「付き合い た」と思う女の子が現れたとします。

 

こんな女の子と付き合いたいなー と思える女の子が目の前に現れました。
さてあなたはここからどうやって恋愛に発展するまで持っていけばいいのか?

 

それは女の子に「あなたと付き合いたい」と思わせる事です。 こんな男と付き合いたいと思わせればいいのです。
答え(目的地)はわかりました。 じゃあ次は、そこにたどり着くまでの道のりを模索しましょう。

 

口説く?笑わせる?優しくする?

 

上記の可能性

 

色々な選択肢があります。 そのなかでも最もやってはいけない事があります。
それが何かと言うと
いきなり口説こうとしてはいけません。

 

相手の女の子もあなたと同じ感情(こんな男と付き合いたい)になっていなければ成立しません。

 

男の恋愛感情はすぐに燃え上がって、時間と共に冷めて行くのですが、 女の子はゆっくりと上がっていき、ゆっくりと下がっていきます。
なので最初から口説くと 「そんなつもりないのにこの人何なの?」 と警戒してしまいます。
女の子は知らない男に口説かれると警戒してしまいます。

 

これはナンパなどにも共通することです。 声をかけただけで邪険に扱われるのも、 知らない男だから超警戒しているわけですね。

 

知らない男に口説かれると警戒してしまうと言うことは、 知ってる男になる これはどういう事かと言うと、
先ほど「女の子は知らない男に口説かれると警戒する」と言ったのですが、 知ってる男(友達)になればいいのです。 まずはここを目指しましょう。
例えば、あなたが服を買いにお店に立ち寄りました。

 

そこで店員さんに 「この服オススメですよー」と言われても、 「どうせ売りたいからって皆に言ってるんだろ?」
とか思った経験ありませんか?